深刻視されているうつ病の種類を知る|気持ちのどんよりと決別

体調と精神面の関係を把握

ハートを持つ人

うつ病ですが、身体疾患を抱えていることが原因で発症する場合もあります。特に長期的な療養が必要な病気となると精神面への負担は重くなってしまうでしょう。うつ病との治療を並行して進めるとなると、薬物療法が難しい場合もあります。そのためにも、身体疾患があると分かったら精神面のケアも丁寧に進めておくことが重要になります。なお、精神面に影響を与える身体疾患にも様々な種類があるため、その分だけうつ病は身近な存在になっているといわれています。医師によっても提案してくれる最適なケア方法は異なるため、自分に最もあったところを見つけられるようセカンドオピニオンも視野に入れておくことが大切といえます。

うつ病の治療を進めるために抗うつ剤を飲むことになりますが、それの副作用が原因で身体疾患を発症するというケースもあります。血圧を高めてしまう薬もあり、高血圧が原因で起こる心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まってしまいます。悪化すると命に関わったり、後遺症を患ったりする場合もあるため、処方してもらう際にはそれらのリスクを理解している医師であるかどうかの確認も必要になってきます。身体への負担が掛からない薬物療法の計画を立てていくことで、身体への副作用によるストレスを抑えることに繋げられます。

高齢者や更年期障害を患っている女性が特に高血圧を起こしやすいといわれており、対象の人は抗うつ剤の服用をより注意しておくことが大切です。なお、薬の種類も増えており、副作用が最小限に留められるようになっています。その分だけうつ病への効果が薄いタイプもありますが、長期的にじっくり治療を進めたいときにぴったりな種類の薬といえます。また、うつ病の種類によっては食欲が落ちたり、睡眠不足になったりする場合もあります。薬によっては食欲を高めたり、睡眠に落ちやすくなったりするタイプもあるので、生活習慣も整えていきたい場合に選んでおきたいところでしょう。また、再発のリスクが多いといわれるうつ病であるため、症状が軽くなった場合でも油断せず薬物療法を続けておく必要があるといわれています。

To Top